ボルタレンの有効成分プロスタグランジンの効果

なぜ痛むのか?
頭痛や肩こり、腰痛など、体に対して何らかの痛みを感じることがあるかと思います。

私たちは「痛み」を感じることで、身体に何らかの異常や異変が生じていることに気づきます。ただ、この痛みを感じることで、体に異常が起こっている証でもあります。そのために、痛みの感覚を和らげるために対処治療を行おうとします。

このような痛みの原因としてはプロスタグランジンが大きく関係してきます。

プロスタグランジンは、私たちの体内の組織の期間に存在している細胞の1つで、それぞれの種類によって痛みを感じます。

・トロンボキサンA2
・プロスタグランジンE2
・プロスタグランジンF2
・プロスタグランジンI2

プロスタグランジンは、痛みの原因だけでなく、発熱や子宮収縮、血液にも関わってきます。

たとえば、歩いている時に、つまずいてヒザを擦りむくことで、プロスタグランジンが反応します。プロスタグランジンが脳の神経内部に届き「足が痛いぞ!!」と情報を与えることで、「痛み」を感じることができます。

痛みを感じることで、どのように対処すれば良いのかを考えます。

「そのままにしておくべきか?」
「水で冷やしたほうが良いのか?」

それぞれ症状が起こったところにより、対処も変わってくるものです。

ここで肩こりや発熱によりプロスタグランジンが大量に発生した場合に利用するのがボルタレンの薬になります。

有効成分であるジクロフェナクナトリウムの作用で、プロスタグランジンを抑えてくれます。そのために、脳に対して反応しないために、痛みや発熱の改善につながります。

プロスタグランジンを抑制するために、このような部分の痛みにも緩和してくれます。

「関節リウマチ、変形性関節症、変形性脊椎症、腰痛、神経痛、骨盤内炎症、月経困難症、膀胱炎、前眼部炎症、歯痛」

ただし、あくまでも痛みを和らげるだけであり、治すわけではないことを理解して利用すること大切です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ