ボルタレンを服用する時は水を利用する

「膝が痛い、腰がいた、頭が痛い」そんな時にボルタレンが効果を発揮してくれます。ボルタレンの有効成分であるジクロフェナクナトリウムが、痛みの原因であるプロスタグランジンを抑えてくれます。

ただし、ボルタレンを服用することで、痛みを根本的に治すわけではなく、一時的に和らげるということになりますので、長期間の服用には注意が必要。それから、ボルタレンなどの内服薬を服用するときは、水と一緒に服用するようにしましょう。

「なぜボルタレンを服用する時に水が良いのか」

薬の開発痔、体内での吸収の要素を見る実験で、常温の水で服用することで、胃や腸で消化し、肝臓で代謝されるような構造で作られています。ただし、水にも種類があり、アルカリイオン水は、水そのものに効能成分が認められる水のため、薬を飲む水には向かないと言われています。

例え、アルカリイオン水と薬を服用したからと言って、大きな副作用が起こるとは思えませんが、ただ、長期間服用することで、大きなトラブルになるおそれがあります。

実際に、抗生物質の薬(特にテトラサイクリン系)とアルカリイオン水を一緒に服用すると、吸収阻害が起こり、効果が強くなる恐れがあります。

「効果が強くなれば良いのでは?」
強すぎることで副作用が起こり、食欲不振や嘔吐、不整脈になるおそれがあります。

そのために、水道水でも構いませんので、ボルタレンなどの内服薬を服用する時は、意識して飲みたい所です。それから、食後に牛乳やお茶などで飲む人もいるかと思います。

基本的にボルタレンは食後に服用することを進められているために、牛乳やお茶と一緒に飲む人がいてもおかしくはないと思います。牛乳やお茶などには、それぞれ成分が含まれているために、薬の成分と結びついて作用が邪魔したり、副作用が出たりする恐れがありますので注意しなくてはいけません。

近くに水がない場合は仕方がありませんが、やはり薬の作用を最大限良いカスには、水または白湯が一番です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ