頭痛や神経の痛みを予防

頭や関節の痛みについては、様々なことが原因で起こることがわかっています。この痛みについて、どのような対策を取るのかを、まずは考えておかなくてはいけません。つまり、どのような部分で、起こっているのかを理解しておくことで、対策も色々と広がるはずです。

そのままにしておくことで症状がどんどんと悪化してしまう可能性があります。たしかに、薬を服用することで、関節などの痛みを緩和させることはできますが、あくまでも完治するわけではありません。そのため、どのような対策を行わなければいけないのかを、理解しておくことが重要。

例えば、手足をブルブルと動かすことで、血管体操につながることがわかっています。些細な事なんですが、こういったことがプラスになるはずです。サム苦越、つま先や指先の冷えが気になる夜になると、足が寒くて眠れないなど、末端の冷えに困っている人もいるはずです。

不調に悩む女性を診察する方の意見を聞くと「なるほど」という感じで、かなり辛い悩みを抱えている方もいます。

冷えを感じやすい20~40代。これは自律神経のバランスが崩れ、血流が悪くなり、さらに過緊張で、筋肉が固くなっていることが多いことが一つ要因です。こうした過緊張による冷えは、体のリラックス状態を即す副交感神経を優位にし、手足の末端まで張り巡らされた毛細血管やリンパ管などの微小環境がスムーズになれば解消するはずです。

自律神経は目では見えないために、そのままにしがちなんですが、対策をしっかりと取れば、改善に近づきます。そこで、行いたいのが、手足をブルブルと動かすことです。ほんのちょっとしたことなんですが、手足を動かすことで、毛細血管を強くするために、血液の流れにもつながります。

そうすることで、神経や頭痛の痛みの予防にもつながります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ