薬を使わずにいたみを緩和させる

痛みを感じた時に、ボルタレンを服用することで、この苦しみを緩和することができます。この痛みについては、様々な部分の痛みがあると思いますが、その中で、お尻のピリピリ感や腹痛や背筋を感じた時は、坐骨神経痛かもしれません。

坐骨神経痛による痛みについて、たしかにボルタレンを服用することで、一時的に緩和することにはなりますが、一時的な緩和にしか過ぎないために、必要なことをもっとやらなくてはいけないことがあります。

つまり、根本的な部分を改善することが重要です。ボルタレンにしかり、他の薬でもそうですが、長期間にわたり薬を服用することで、副作用になる可能性があります。

まず、坐骨神経痛についてですが、主な原因として、椎間板ヘルニアが関係することがわかっています。20~40代が一つのピークで、若い患者さんも多いことがわかっています。早めに気づいてきちんとセルフケアをすれば、緩和されたり、気安置することも多い病気。何が原因で起こるのかをしっかりと理解しておきたいことです。とくに、脊髄の下の方にある腰脊髄や仙骨の間から伸びて集まり、骨の内側を通っているのが背骨の神経です。この部分がクッションのようにしているのですが、組織の部分んいダメージを加えてしまうことで、坐骨神経痛が起こってしまいます。

神経の痛みが起こるために、痛みを和らげるためにボルタレンを服用することで、緩和することができますが、完全な痛みを治しているわけではありません。

そのために、普段から心がけたいのが、背筋を伸ばすことです。例えば猫背気味な人はしっかりと姿勢を伸ばすことです。ピンとした耐性を心がけることで、背骨がしっかりとなり、神経の痛みを緩和できます。

その他に、腹筋を鍛えるのも一つのポイントです。ほんの些細なことですが、薬を使わなくても、腰の痛みを緩和させることにつながります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ